トップページ > 元ナースがお送りする看護のお仕事あるあるネタまとめ > 看護専門学校卒と看護大卒の給与比較


同じ仕事をしているのに初任給に隔たりのあるわけは?
専門卒と大学卒の看護師の給与比較と、収入アップの方法などを紹介しています。

看護師の給与が専門卒と大学卒で違うわけ

看護師の給与正看と准看では年収に隔たりがあることは知られていますが、医療機関によっては学歴で給与を決定しているところがあり、同じ看護師といえども、収入に差が生じる場合があるのです。

看護師という職に就くには、国家試験に合格しなければならないのは皆さんご存知のとおり。そこまでの道のりは看護専門学校・看護系短大・看護系大学などさまざまですが、どこを卒業してもOK。一般的には3年間の学習で看護師免許を取得できる看護専門学校や短大を卒業するパターンが多く見られます。

一方、最近増えてきているのが卒業までに4年間を要する看護系大学を経てからの就職です。

学歴によって給与が決定されるのは一般企業では通例のことですが、看護師の初任給にもまた同じような決め方が取られており、医療機関ごとに給与水準は異なりますが、下記がおおよその相場になります。

  • 看護専門学校や看護系短大を卒業した場合…月収24万円前後
  • 看護系大学を卒業した場合…月収26万円前後

このように1ヶ月で約2万円の差がつくことに。

一般企業の平均では新卒の月収が22万円程度なので、比較するとやはり看護師の給与が高いことははっきりしているものの、国家試験合格や実習、その後の激務を考慮すると、できるだけ高い給与で働きたいと願うのは当然なのではないでしょうか。

専門卒でも大卒に負けない年収を勝ち取ることができる!

ただ、専門卒だから自分の月収はずっと大卒に負けたままかというと、けっしてそうではありません。
昇給がありますし、看護師の仕事は何よりも経験と実務がものを言います。

初任給などに学歴という基準が必要となるのは、こういった経験や実務がまだ積まれていないからこその判断でしょう。

転職をするときは特に顕著で、看護師の場合には学歴よりもむしろ看護師としての経験年数が重視されます。
その逆にどんなに学歴が高くても経験不足だと見なされれば採用が見送られることも。

給与アップを目指すとき、学歴よりも経験で人材が募集されている病院などに転職するのも一つの手です。

ライン画像

矢印画像

給与差について詳細はこちらのサイトをご覧ください。
看護師求人うさぎ!